« 光る線路 | トップページ | 有楽町を通過する300系 »

2007年3月 7日 (水)

渋く光るコルゲート車両

Saginuma_0703

東急田園都市線鷺沼駅に停車中の東急8500系と顔をのぞかせている東武50050系

ステンレス車両といえば昔はコルゲートがあるのが当たり前だった

今では無いのが当たり前

ということは将来コルゲート付き車両が見られなくなるということになる

いろんな光でコルゲート付き車両を撮り始めるとハマるかも。

この記事が気に入った方!ぜひ応援してください。--人気blogランキング

鉄道好きの方、是非応援してください⇒にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 光る線路 | トップページ | 有楽町を通過する300系 »

コメント

コルゲートってなんですか?
歯垢がきれいに落ちる車両なんですか!?

投稿: gizmomo | 2007年3月 7日 (水) 13:54

gizmomoさん コルゲートって電車の側面の波になっているところを言ってます。これはステンレスの強度を出すために波状加工を施したもので最近の車両は技術の進化によりコルゲート無しでも充分強度がある設計になっているようです。コルゲートという言葉は鉄道用語というより金属加工用語から来てます。

投稿: デジカメで鉄道日記 | 2007年3月11日 (日) 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128114/14108972

この記事へのトラックバック一覧です: 渋く光るコルゲート車両:

« 光る線路 | トップページ | 有楽町を通過する300系 »