« 駅名札とリコー 2006 | トップページ | 自転車のある風景 ~本所吾妻橋駅 その2 ~ »

2006年6月23日 (金)

懐かしい西船橋駅の写真

0606_113_nishifuna

リコーの看板を撮影したことで思い出した昔の西船橋駅の写真-昭和48年頃の”国鉄”西船橋駅ホームから快速線を行くオール非冷房113系1000番台。この当時は(つい最近まで)貨物駅があったころの線路配置になっていて下りの快速線がだいぶ離れていた。車庫に並ぶ京成バスも今となっては貴重な記録写真。

この記事が気に入った方!ぜひ応援してください。--人気blogランキング

|

« 駅名札とリコー 2006 | トップページ | 自転車のある風景 ~本所吾妻橋駅 その2 ~ »

コメント

昨日の「SMAP×SMAP」見ましたか?
全世界のプレイヤーと協力・対戦も可能。
また、東京や福岡といった激戦区にある買取店も、高価買取を目指すうえでは良い選択肢となります。
ポケットウォッチが初めてリストウォッチとして使用されたのが第一次世界大戦。
ベル&ロスは、高校時代の友人同士であったブルーノ・ベラミッシュ氏とカルロス・ロシロ氏が理想の時計を求めて1991年にパリにて創業した、老舗が多い時計業界ではかなりの新星というべきブランドです。
すなわち、時計には必ず視認性・機能性・信頼性・高精度の基本原理4つを盛り込むこととし、実際の職業軍人やプロフェッショナルの使用を前提とした高機能の時計をブランドコンセプトとしていました。
近年、機能性とユニークなデザイン性を兼ね備えたベル&ロスの時計は、中古時計市場で人気が高まり、高価買取査定となっております。
ドイツの腕時計ブランドジン(Sinn)をリスペクトし、共同で腕時計を製造したことからベル&ロスの歴史は始まります。
ベル&ロスは製造工程の工夫やムーブメントを汎用エボーシュ(ムーブメント製造会社が供給する未完成ムーブメントのこと)に絞ったことなどから、コストを抑えることにも成功。
共同製造は終了し独立した今なおジンと並ぶマニアにはたまらないハイスペックさ。
一目見ると忘れられない独特な四角いフォルムなど、ファンを魅了してやみません。
そして大迫力のスクエアーケースにも注目が集まりました。
航空機のコックピットクロックをそのまま時計にしたかのような外装は、一目で新しさや独創性が感じられます。
ケースがスレにより塗装が剥げ、下地が見えている部分などがありましたが、ここまでの金額をご提示しました。
BRシリーズはその後42mmサイズでデイト表示が加わったBR03、レディース向けの39mmのBRS、そしてトノー型のBR02をラインナップ。
様々なブランド時計の販売・下取見積をご提供しております。
一般的なメンズサイズが40mm、「デカ厚」時計の火付け役であるパネライウォッチですらベーシックサイズは44mmですから、そのボリュームの大きさと思い切りのよさは想像に難くないですね。
フランスのラグジュアリーブランドに位置付けられながらも、モデルによっては20~30万円台で手に入れることもユーザーには嬉しいポイントです。
平均して30〜60万円台の腕時計が多いので若者向けというより少し余裕のある30代40代男性におすすめします。

誕生日プレゼント https://www.cocotu009.com/

投稿: 誕生日プレゼント | 2020年6月17日 (水) 16:51

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい西船橋駅の写真:

« 駅名札とリコー 2006 | トップページ | 自転車のある風景 ~本所吾妻橋駅 その2 ~ »