« PIE始まる | トップページ | 聖橋の桜は七分咲き »

2006年3月27日 (月)

33年前の常磐快速103系

0603_103_shinmatsudo

2006年3月18日改正で消滅した常磐線の103系の33年前の姿。

グローブ型ベンチレーターが綺麗に並んでいるのは非冷房の印だ。

撮影場所は常磐線と武蔵野線がクロスする新松戸駅。現在では考えられない殺風景な駅だった。

この記事が気に入った方!ぜひ応援してください。--人気blogランキング

|

« PIE始まる | トップページ | 聖橋の桜は七分咲き »

コメント

駅前も空き地ですね。非冷房といい、時代を感じさせます。

Primera

投稿: Primera | 2006年3月28日 (火) 00:06

Primeraさん

コメントありがとうございます。
このころはEF80や583系485系がスターでしたね。この当時の車両は営団6000系と415系だけになりました。

投稿: デジカメで鉄道日記 | 2006年3月28日 (火) 20:45

33年前ですか!ホントに別世界ですね。583系なんかが走っていた頃が懐かしいなあ。

投稿: ktkr | 2006年3月30日 (木) 23:10

ktkrさん

コメントありがとうございます。
583系カッコよかったですね。181系、485系のボンネットに続くJNRマークが似合う車両でした。

投稿: デジカメで鉄道日記 | 2006年4月 1日 (土) 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128114/9139300

この記事へのトラックバック一覧です: 33年前の常磐快速103系:

« PIE始まる | トップページ | 聖橋の桜は七分咲き »