« 広角で肥薩線~霧島温泉駅~ | トップページ | 肥薩線植村駅 »

2005年10月12日 (水)

広角で肥薩線~林を抜けて~

0510_kare_kirishima 明後日は鉄道記念日改め「鉄道の日」だ。何で名前が変わったのかは知らないけど「鉄道記念日」の方が重い響きがあって良かったのに。

何十年か前、この区間をC57やC55が客貨両用で働いていた肥薩(南)線の嘉例川-霧島温泉間。緩やかなカーブの先から現れるはずの無いSLがもし来たらここでシャッターを切るだろうなとか考えながら気動車を待つ。あえて車両を入れない画像にした。

ここでの撮影はCaplioGX。このカメラ、緑の発色がやたら派手で、ある部分ベルビアみたいだ。これがGX8になってからは標準設定がナチュラル側になったので使いやすくなった。その上「色の濃さ」を濃くすればGXみたいな発色にも設定できるので細かい仕様だけどカメラとしてGX8は確実に進化していることが感じらる。GR Digitalはカスタムでいろいろ選択できるらしいので自分好みの色が作れるはず。更なる進化が楽しみだ。

この記事が気に入った方!ぜひ応援してください。--人気blogランキングへ

|

« 広角で肥薩線~霧島温泉駅~ | トップページ | 肥薩線植村駅 »

コメント

おーっ!
かつてCanon FTbとPENTAX SPを抱えて歩いた道じゃ。日豊本線宮崎電化直前の昭和49年のこと。京都からの都城行急行「日南3号」が宮崎から都城まで、本来のDF50に代わりC57が牽引していた時期もあった。日本最後の蒸機急行だったよ。新幹線がまだ博多まで開通していない頃だよ。東京発西鹿児島行き急行「高千穂」「桜島」なんてのもあったよな。
関西からのブルートレイン特急「彗星」もあった。80系ディーゼル特急「日向」もあった。
練習運転で入って来る485系電車がまぶしく見えたよ。宮崎にはC61もいたよ。C57もC55もいた。日南線にはC11、志布志線にはC58がいた。
昭和50年3月10日新幹線博多開業で消えたよ。肥薩線といえば、博多から宮崎まで1往復の特急「おおよど」が80系で走っていたね。
急行時代とスピードが変わらないとか言われていたけど、今じゃ当たり前のことになってしまったねぇ。と、言うより急行そのものが無くなってしまったね。「おおよど」も80系でなく181系ならもっとスピードアップも出来ただろうに・・・。
でも、今は昔・・・。みんな、消えてしまったよね。

投稿: Vavi | 2005年10月12日 (水) 12:17

Vaviさんへ
コメントありがとうございます。SL時代に肥薩線を訪問されたとはとても幸せですね・・というより羨ましい!その頃の写真をブログで拝見できると嬉しいな。

投稿: デジカメで鉄道日記 | 2005年10月15日 (土) 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128114/6310256

この記事へのトラックバック一覧です: 広角で肥薩線~林を抜けて~:

« 広角で肥薩線~霧島温泉駅~ | トップページ | 肥薩線植村駅 »