« お気に入りのカメラで京都駅を撮る | トップページ | 夢のつり橋の先にも保存車両が »

2005年9月28日 (水)

千頭森林鉄道の保存車両

0509_sumata 紅葉と美人の湯で有名な寸又峡温泉の大きな駐車場脇にナローのDLとPCが展示してある。近づいてみると「千頭森林鉄道」の保存車両であることがわかった。井川線の沢間から分岐し、寸又峡温泉を越えて山の奥まで伐採した木材を運ぶために使われていたものだそうだ。沢間から寸又峡温泉まで鉄路も残しておいたら観光鉄道として脚光を浴びていたかもしれないけど廃止当時の昭和43年ごろにはそんな発想はなかったんだろうな。

<撮影データ>

Nikon D50 プログラム露出オート

ISO200 露出補正:-0.3EV

この記事が気に入った方!ぜひ応援してください。--人気blogランキングへ

|

« お気に入りのカメラで京都駅を撮る | トップページ | 夢のつり橋の先にも保存車両が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128114/6149776

この記事へのトラックバック一覧です: 千頭森林鉄道の保存車両:

« お気に入りのカメラで京都駅を撮る | トップページ | 夢のつり橋の先にも保存車両が »