« アキバでGRへの期待を思う | トップページ | 28mmの周辺光量 »

2005年9月18日 (日)

GRとEF81のマッチング

0509_EF8197tabata 北斗星カラーのEF81 97を田端運転区で捉えた。(後ろのEF64は旧東京機関区に常駐の36号機。)EF81北斗星カラーはデジカメできちんと撮るには難しい機関車だ。第一に色。京急同様(9月16日の項参照 ⇒http://dc-jr.cocolog-nifty.com/tetu/2005/09/post.html)デジカメでこの色を実車通りきちんと出すのが大変。第二にエアフィルター。最近のデジカメはローパスフィルターが無いのが多いのでエアフィルター周りに偽色が出ることも稀にある。これはEF81の後ろにつながっているEF64も同じ。第三に階調。空と下回りの黒の両方がちゃんと表現されるかどうか。この3点をGR Digitalがクリアしていることを望みたい。

この記事が気に入った方!ぜひ応援してください。--人気blogランキングへ

|

« アキバでGRへの期待を思う | トップページ | 28mmの周辺光量 »

コメント

どうもです。TBからやってきました。
デジカメの色って結構厳しいですよね。個人的にはレタッチすればいいや、というくらいの微妙なあきらめ感があったり・・・
FZ5の明るさと望遠と軽さに頼りっぱなしです。

投稿: matsu | 2005年9月23日 (金) 23:43

matsuさんへ
コメントありがとうございます。(返事が遅れてすみません)
FZ5は携帯性に優れていてデジ一眼を振り回すより便利ですよね。最近、望遠手ブレつき一体型コンデジの新製品が限られたメーカーしか出てきてませんがパナはがんばっているので新製品をいつも注目しています。

投稿: デジカメで鉄道日記 | 2005年10月 2日 (日) 12:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128114/5962261

この記事へのトラックバック一覧です: GRとEF81のマッチング:

« アキバでGRへの期待を思う | トップページ | 28mmの周辺光量 »