« 新幹線三兄弟 | トップページ | 線路を潜る地下道 IN 盛岡 »

2005年8月15日 (月)

鉄道撮るには16:9は便利なのか?

080814_ED75169anasonicからLUMIX LX1という840万画素28mm付きのカメラが発表された。このカメラの注目するところは16:9のCCDが搭載されているということ。編成を撮るならコンパクトデジタルカメラの4:3フォーマットより使いやすいはずだ。アナログカメラ時代の「パノラマ」は35mmフィルムの上下カットを大伸ばししただけのものだったがLX1は気合の入った本物のパノラマカメラだ。ワイドTVとの相性を意識して商品化しているのだろうけどプリントはどうするのかなぁ。いずれにしても発売時にはちょっと触ってみようと思う。

画像はGX8で撮影したものを16:9にトリミングしてみたものとノートリミングしたもを並べてみた。車両中心なら間違いなく16:9、でもどこで撮ったのかが分かりやすいのは4:3だ。

<撮影データ>

IGRいわて銀河鉄道 盛岡駅付近にて ED751004+ED751000番台080814_ED751004

リコー CaplioGX8 プログラム露出オート

ISO200 露出補正なし

この記事が気に入った方!ぜひ応援してください。--人気blogランキングへ

|

« 新幹線三兄弟 | トップページ | 線路を潜る地下道 IN 盛岡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128114/5453618

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道撮るには16:9は便利なのか?:

« 新幹線三兄弟 | トップページ | 線路を潜る地下道 IN 盛岡 »