« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月24日 (火)

113系のバリエーション

050523_113chimari
幕張の113系は1000番台が大半を占めているようだが先頭車を良く見るとタイフォンの位置がライトの横だったり下だったり、Hゴムの色とかバリエーションがあることがわかる。編成番号も2桁、3桁がありSからはじまる編成もあるがこれは更新車であることを意味しているようだ。この辺を詳しく書いてあるサイト
URL→ http://blue-blue-moon.dip.jp/members/sobu/ があり、とても詳しくて勉強になった。

撮影データ
CanonIXY600
プログラム露出モード ISOAUTO 露出補正なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

サロE217がELに?

050522_E217Green
JR幕張本郷駅から幕張総合運転所に休んでいるサロ217の屋根にパンタグラフが・・
と思ったら丁度他の編成のパンタグラフだったのでした。ELっぽく見えないでしょうか?

撮影データ
CanonIXY600
プログラム露出モード ISO100 露出補正 -0.3EV
16:9にトリミング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

幕張車両センタ- ほぼ全景

050521_makuhari
千葉県で最大の電車基地「幕張車両センター」は幕張本郷駅脇にあり、全体を見渡すには改札を正面に出た道路に出れば直ぐだ。この道路からしか良いアングルが無いので誰が撮っても同じにしか撮れないけど「何が止まってるかなぁ」と見に行きたくなるのが「鉄」の性で一生直らないでしょう。(笑)
CanonIXY600は小型でレスポンスも比較的良く、拡大再生がとても早くて気持ちいい。ただ、レリーズを半押ししてもシャッターと絞りが出ないのは列車を撮る時には不便なので改良して欲しいところだ。(もしかしたらできるのかなぁ)

撮影データ
Canoo IXY600
プログラム露出モード ISOAUTO 露出補正なし

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月20日 (金)

京成カラーとヨーカドー

050520_3200
京成高砂駅1番線を出発する3200系(3300系かも)を3-4番線からプラットホームの支柱の間に先頭車両が入るようなタイミングでシャッターを切る。カメラは富士のF10で広角側が35mm相当なのだがもう少し広角が欲しいところだ。
高砂駅の3-4番線上野寄りからイトーヨーカドー高砂店の看板が見えるが京成の塗装車両とカラーリングが似ていると思っているのは私だけだろうか?

撮影データ
富士写真フィルム FinePix F10
プログラム露出モード ISO AUTO(800相当) 露出補正 -0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月19日 (木)

3年前の北総開発鉄道新鎌ヶ谷駅にて

050519_ShinkamaRR1
3年前、北総開発鉄道(現北総鉄道)新鎌ヶ谷駅の風景を当時コンパクト系最高画素クラスであった400万画素を搭載したリコーCaplioRR1で捉えた1枚。今となってはカメラとしてはとても使い物にならないほどレスポンスが悪いけど画質だけなら今発売されている最新デジカメに負けていないところがすごい。

撮影データ
リコーCaplioRR1
プログラム露出モード ISO AUTO 露出補正なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月18日 (水)

西大井に到着するE217系

050517_E217
横須賀線西大井駅に到着するE217系を流し撮りで捉えた1枚。50mm相当のズーム域でシャッター速度が1/36だったが編成番号”R-35”にピタリと合ったので気に入っている。ちなみに編成番号”R”から始まるのが幕張の車両で”F”が鎌倉の車両と簡単に見分けることが出来る。
CaplioR2はステップズームモードがあり28/35/50/135mm相当の4ステップをズーム釦1押しで設定が可能なので50mm相当に簡単にセットできる。単焦点レンズの画角が頭に入っている人には便利な機能だ。

撮影データ
リコー CaplioR2
プログラム露出モード ISO100 露出補正-0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月17日 (火)

北総鉄道新鎌ヶ谷を出発する7250形

050516_Shinkama
北総鉄道カラーの元京成3200、現北総7258-7251の8連を最後尾の7251側から捉えた1枚。新鎌ヶ谷駅の日本橋寄りは構造物が多くて撮影するにはあまり適していない場所だが目線よりやや高めにカメラを持ち上げて画面右手の側線を少し入れ、CaplioR2の望遠側一杯で撮影。やや右に傾いてしまったのはちょっと残念だ。側線は以前、新京成線に乗り入れていたころの分岐点なので説明的に入れた。流しながらこういったぎりぎりのシャッタータイミングを上手く決めるためにはカメラのレリーズタイムラグが少ないことが重要でR2は十分期待に応えるカメラだ。

撮影データ
リコー Caplio R2
プログラム露出モード ISO100 露出補正 -0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月16日 (月)

113系をISO400で撮る

050515_113Yoko
富士のF10はISOAUTOが800までシフトするのでメーカーとして実用感度をISO800までに置いているようだ。実際、ISO800は若干ノイズがあるのでISO400あたりが常用ではないかと横浜駅に停車中の113系を撮影してみた。結果はシャドー部のノイズがほとんど無く明るいところでもISO400に設定したままでよいレベルだった。もっともISO800だって十分綺麗なことは確かだ。

撮影データ
富士写真フィルム FinePixF10
プログラム露出モード ISO400 露出補正 -0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

横浜駅の209系

050514_E209Yoko
JR横浜駅に到着する209系を京浜急行のホームから捉えた。富士のFinePixF10はISOAUTOだとISO800まで自動的に感度アップするのでExifデータを見るとシャッター速度が1/50で駅の雰囲気を表現しながら軽く流し撮りにするには最適だ。このカメラがあればデジタル一眼じゃなくても十分ISO800で使えるのでとても重宝する。

撮影データ
富士写真フィルム FinePix F10
プログラム露出モード  ISO AUTO(800相当) 露出補正 -0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月14日 (土)

目黒川を渡る車両

050513_gotanda
東急池上線、JR山手線の五反田駅付近に目黒川が流れている。この川の左が東急池上線五反田駅で停車中なのが7700系、鉄橋とコンクリート橋の間の奥で分かりにくいが走行中の山手線用E231、そして川を渡っているのが1000系3連をちょっと流してみた。折り返し駅に進入する列車は速度が極端に遅いので縦位置望遠で流すのは縦方向のブレをなくしながらゆっくり水平方向を移動させるのでなかなか難しいが何とか撮ることができてそれなりに狙い通り撮れた一枚。

撮影データ
富士写真フィルム FinePixF10
プログラム露出モード ISO AUTO(800相当) 露出補正+0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

中目黒駅に進入する03系

050509_Met03
恵比寿方面から中目黒駅に進入する03系を富士のFinePixF10で撮影。趣味的には何も変哲の無い03系の画像だが実はこのシーン一番明るいところから暗いところまで写っているのでとても露出が難しい条件の場所だったのだが露出がドンピシャにあっていてハイライトも白とびが無くAEの制御が実に良く出来ている。
ISOをあえて80に落として画像を確認したところノイズが極めて少なく良好だった。高感度CCDを低感度?にセットしても破綻しない絵作りが出来ているのがとてもよい。

撮影データ
東急 中目黒駅
富士写真フィルム FinePix F10
プログラム露出オート ISO80 露出補正なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 7日 (土)

京成3200系(3261他6連)

050507_K3261
京成非ステンレス営業車両の最古参が3200系。若番は既に廃車が進んでいるようだ。
その3200系をRICOH CaplioR2で撮る。
R2の測光はR1に比べて格段良くなったとプロカメラマンの先生方が評価しているコメントをよく見るが今回の1枚はまさに実感できる。このシーンでは何気なく押すと暗部を拾ってオーバー気味に測光してしまうのだが露出補正をしなくてもここまでいけるのは”なかなか”よく出来ている。最もこのカメラの場合通常で-0.7EV露出補正をかけて撮影すると白とびも無く仕上がるので鉄道や建物を撮る場合デフォルトを-0.7EVにセットしているので補正なしは言いすぎでデフォルトを-0.3EVアンダーで調整しておいてもらえるといいなぁ。

撮影データ
京成高砂駅
RICOH CaplioR2 プログラム露出モード ISO 100 露出補正-0.7EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 6日 (金)

都営地下鉄大江戸線12-081

050505_ohedo
大江戸線上野御徒町駅を出発する12-081他8連を富士のFinePixF10で捉えた1枚。画質はデフォルトでは階調を優先した設定になっていて白飛びも少なく画質の満足度が高い。
画像をよく見ていたら、行き先表示LEDが上手く写っていなかったので何でだろうと思いExifを見たらISOAUTOで800まで感度を上げていてシャッター速度が1/85になっていた。LEDが表示サイクルが50ヘルツだとすると1/50以下じゃないと表示が欠ける可能性が高いのでISO400-200ぐらいにマニュアルセットしたほうが結果がよさそうだ。そうなると欲しくなるのがF810の後継機。F10と同じCCDを搭載してF910?として出たときには絞り優先やシャッター優先もあるだろうからそれが夜間撮影用デジカメの決定版になるだろう。
最もISO800でもノイズが少ない画像が得られるのにISOを下げて撮影するのは贅沢な設定だけど(笑)・・

撮影データ
富士写真フィルム FinePix F10
プログラム露出オート ISO AUTO(800相当) 露出補正なし

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月 5日 (木)

屋形船の基地?金杉橋からJRを望む

050504_Hamahatsucyou
東海道線の浜松町-田町間に平行する国道15号線には旧東海道時代からあった金杉橋がかかっている。この橋付近には出番を待つ屋形船が係留されているので屋形船と走行する列車の組み合わせを狙った一枚。このシーンではISO感度をAUTOから100あたりに変えてもう少し車両をブラしたほうがよかったようだ。

<撮影データ>
JR東海道線 浜松町-田町間
富士写真フィルム FinePix F10
プログラム露出オート ISO AUTO(800相当) 露出補正-0.3EV

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年5月 3日 (火)

京成3500系ライブラリー9(3581他4連)

050502_K3581
京成3500系ライブラリーの9回目は3581-3584の4連

これで
3524他8連(2005年2月12日分:先頭3524、オリジナルカラー)
3561-3564(2005年2月23日分:先頭3564、2005年3月15日分:先頭3561)
3565-3568(2005年2月12日分:先頭3565、2005年3月20日分:先頭3568)
3569-3572(2005年2月25日分:先頭3569、2005年3月 6日分:先頭3572)
3577-3580(2005年4月10日分:先頭3580)
3581-3584(本日分:先頭3581、2005年3月14日分:先頭3584)

の6編成は変わらず。

FinePixF10は先頭車両のライトに敏感な傾向がある。夕方から夜にかけてライトがついている車両を撮影する場合には露出補正をかけない方が仕上がりが良いようだ。

撮影データ
京成電鉄 京成高砂駅
富士写真フィルム FinePix F10
プログラム露出オート ISO AUTO(400相当) 露出補正-0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 2日 (月)

京成3300系を富士のF10で

050429_K3328
富士写真フィルムのFinePix F10を使う機会があったので早速夕方の京成高砂駅で撮影してみた。現役として数少ない非ステンレス車の京成3300系が丁度来たので駅の船橋寄りでカメラを望遠側にセットし、車両番号の「3328」に合わせて流し撮りで撮影した。結果はISO AUTOでセットしたらISO800まで感度を上げていたがノイズが少なく良好。どちらかといえば階調重視の傾向のようだ。カメラとしてはいろいろ注文があるが高感度CCDは一度使うと止められない気がする。

<撮影データ>
京成高砂駅
富士写真フィルム FinePix F10
プログラム露出オート ISO AUTO(800相当) 露出補正-0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月 1日 (日)

JR横浜駅で横浜線の205系を

050501_JE205yokohama
JR横浜駅の横須賀線ホーム東京寄りでは横浜線用の205系7連がフル編成で入ることに気が付いた。背景・全景ともごちゃごちゃしているところを望遠側にセットして狙った。
カメラはNikonD70。つい先日D70Sが出たので旧モデルなのだがファームアップでD70Sに近い液晶表示画面になる。LCDの大きさが1.8inchから2.0inchになったことやケーブルレリーズが使えるといったメカ的な違いはあるがファームアップで新型気分を味わえるのは既存ユーザーにとって親切なサービスだと思う。

<撮影データ>
NikonD70 + シグマ18-125mmF3.5-5.6DC
プログラム露出モード ISO200 露出補正なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »