« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月22日 (火)

京急新1000系青バージョン2

050321_K1000BK 3月いっぱい?でノーマル塗装に戻される青バージョンが京成高砂駅を出発するところをISO800相当にカメラをセットして飛行機のイラストが切れないように撮影。ノイズが多い少ないという話以前にISO800がセットできることによりシャッタースピードが上がることがとても重要だ。この画像をAiSoft社の「デジカメでフォト工房」を使って白黒化させてみた。このソフトの気に入っているところが白黒化するときに写真フィルムのような「粒状性」を画像処理で再現することができるところだ。まだまだ使いこなしていないがモニター上で見る限りTri-Xの増感現像したときのような仕上がりになるので楽しい。SLを白黒プリントするときに使ってみたいソフトだ。

撮影データ
京成電鉄 京成高砂駅
マニュアル露出モード 開放 1/15 ISO800 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月21日 (月)

東京臨海高速鉄道70系

050320_Rinkai70_2050320_Rinkai70_1 3/21までビックサイトで開催のフォトイメージングエキスポ2005を見るために東京臨海高速鉄道りんかい線を利用した。乗車した先頭車両が「70-030」だったので70系の3編成目?のようだ。JRの209系相当の車両と思われる。
フォトイメージングエキスポ2005では「トミーテック」、「キャノン」ブースで鉄道模型が展示されていた。中でも注目は「トミーテック」ではTOMIXの先頭車にカメラを搭載したもの実演している。欲しい!

<撮影データ> 2枚とも
東京臨海高速鉄道りんかい線新木場駅
RICOH Caplio R1V
プログラム露出モード ISO100 露出補正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月20日 (日)

京成3500系ライブラリー7(3568他4連)

050316_K3568  過去に撮影した京成3500系のデータを探していたら廃車となった3588ほか4連を高砂駅で撮影したものが出てきた。

ライブラリーは
3524他8連(2005年2月12日分:先頭3524、オリジナルカラー)
3561-3564(2005年2月23日分:先頭3564、2005年3月15日分:先頭3561)
3565-3568(2005年2月12日分:先頭3565、本日分:先頭3568
3569-3572(2005年2月25日分:先頭3569、2005年3月 6日分:先頭3572)
3581-3584(2005年3月14日分:先頭3584)

の5編成は変わらず。(3524をアップしていたことを忘れていました)

撮影データ
京成電鉄 京成高砂駅
2002年8月
RICOH Caplio RR30
プログラム露出モード ISOAUTO 露出補正なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月16日 (水)

新橋駅で16:9トリミング

050317_E231Shinbashi

050317_209Shinbashi 新橋駅の東海道線ホーム浜松町寄りで205系を20分ぐらい待っていたけど結局来なかった。その間、209系とE231が何本か来たので16:9(ハイビジョンフォーマット)でトリミング前提をイメージして撮影してみた。京浜東北線大宮方面行きは10両編成まるまる入るが山手線の11両は内回りでも入らなかった。京浜東北線の方が50mm相当ぐらいで山手線が35mm相当ぐらいで撮影。50mm相当のほうがバックのビルとのバランスが良い。

撮影データ(2枚とも)
RICOH Caplio R1V
プログラムオート ISO100 露出補正-0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月15日 (火)

京成3500系ライブラリー6(3561他4連)

050315_K3561 過去に撮影した京成3500系のデータを探していたら3584ほか4連を高砂駅で撮影したものが出てきた。

ライブラリーは
3561-3564(2005年2月23日分:先頭3564、本日分:先頭3561)
3565-3568(2005年2月12日分)
3569-3572(2005年2月25日分:先頭3569、2005年3月6日分:先頭3572)
3581-3584(2005年3月14日分:先頭3584)

の4編成は変わらず。

撮影データ
京成電鉄 京成高砂駅
2004年5月
RICOH Caplio GX
プログラム露出モード ISOAUTO 露出補正-0.7EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月14日 (月)

京成3500系ライブラリー5(3584他4連)

050314_K3584_2050314_K3584_1

過去に撮影した京成3500系のデータを探していたら3584ほか4連を高砂駅で撮影したものが出てきた。

ライブラリーは
3565-3568(2005年2月12日分)
3561-3564(2005年2月23日分)
3569-3572(2005年2月25日分:先頭3569、2005年3月6日分:先頭3572)
3581-3584(本日分:先頭3584)

の4編成となった。
今回の画像は1年半前のもで、これを撮影したときには画質について不満に思っていなかったのだか、現在販売されているカメラはこの当時と比べてみるとホワイトバランスを含めての進歩がすばらしいことが実感できる画像だ。

撮影データ(2枚とも)
京成電鉄 京成高砂駅
2003年10月
RICOH CaplioG4Wide
プログラム露出モード ISOAUTO 露出補正-0.7EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月13日 (日)

国鉄の雰囲気を残す新竹駅

050313_shinchiku_1 台北から最も早い列車「自強号」で1時間のところに世界的に有名な台湾のハイテク都市「新竹」がある。台湾国鉄の新竹駅はそんなハイテクイメージを連想させない日本の国鉄時代を髣髴(ほうふつ)させる歴史の重みを感じる駅構内。さすがに普通列車も電車化され電気機関車がナハ10系のような青い客車を引いてくるようなシーンは見られないけどワムやトム系の貨車とヨ5000に良く似た車掌車の組み合わせは健在だ。新幹線が完成したときには優等列車が減る可能性が高いと思われるので在来線優等列車の移動も今のうちかも知れない。

撮影データ
台湾国鉄新竹駅構内
プログラム露出モード ISO200 露出補正-0.7EV

この記事が気に入った方!ぜひ応援してください。--人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年3月12日 (土)

台北駅で「鉄道グッズ」の店発見!

050312_taipei_2050312_taipei_1

台湾の台北駅1Fに鉄道グッズ販売の店を発見。台湾国鉄が運営しているようだ。日本人を意識してなのか、日本語が「カッコイイ」のかわからないけど日本語が看板に記されている。品揃えは車両や駅舎がデザインされたグッズがあるがマニア心をくすぐるような商品は少なかったがこれからを期待したい。もっとも鉄道マニアを狙った店ではないだろうけど・・・(笑)。日本アジア航空の機内誌に台湾ではローカル線の旅などがレジャーとして認識されてきており、新線に切り替えられた廃線後の駅舎や周辺の町並みを保存しているという記事が掲載されていた。ぜひ廃線跡をデジカメと共に訪れてみたい。

撮影データ
台湾国鉄台北駅
プログラム露出モード ISO200 露出補正-0.3EV

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月11日 (金)

京成電鉄八広駅

050311_yahiro1 京成電鉄押上線の八広駅は以前は「荒川」だった。何で改名したかは新聞にも載っていたけどとっくに忘れてしまった。駅名は改名、ホームは高架、待避線もできて当時の面影はまったく無い。荒川駅のころから走っていた京成3200系は一部編成が北総鉄道カラーになり活躍中だ。その北総カラーの元京成3200、現北総7258-7251(7258は昭和39年製造)の8連を八広から川を隔てた四つ木駅で中望遠程度にセットして8両まるまる撮ろうと待つ。シャッターを押す直前に京成3700が反対から来たので先頭が切れてしまったがすれ違いの良い位置で撮る事ができた。
Pro1のAFはとても追従性が良く気持ちよい。色はCanon系の彩度の高い記憶色で多少汚れた車両でも綺麗に写る。渋さを狙った画像には不向きかどうかはこれからテストをしてみようと思う。

撮影データ
CanonPowerShotPro1
プログラム露出モード ISO100 露出補正なし

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年3月10日 (木)

六本木駅をISO800で撮る

050310_hibiya050310_Ohedo

六本木駅は都営大江戸線と東京メトロ日比谷線が乗り入れている。大江戸線の駅は車両も駅も統一感のあるデザインでかっこいいけど意図的に照明を暗くしているせいか日本の地下鉄っぽくない。1枚目はコストダウンのためにトンネル断面を小さくしているのがホームまで続いているのでその曲線とホームのカーブがわかるように狙った。2枚目は単純に03系の車両番号がわかるように撮影。これは前後2両が3扉バージョン。
Caplio R1Vは CCDが1/2.5系を採用している機種の中でISO800までが気に入っている。ノイズは覚悟の上の撮影だけどもう少しがんばって欲しいなぁ。

撮影データ 2枚とも
RICOH Caplio R1V
プログラム露出モード ISO800 露出補正 -0.3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 9日 (水)

田端機関区で24mmを試用

050309_EF81050309_tabata

東北新幹線で上野に着く直前に田端機関区が見下ろせる。東北新幹線開通前に一度訪問したきりだったので訪れてみた。今回のお供はNikonCoolPix8400。このカメラ24-85mm相当のレンズが付いているので機関区のような撮影が出来る場所の制限があるところには最適だ。早速、昼寝をしているEL群にレンズを向けてみた。(右から最初の画像)このカメラは800万画素なのでVGAクラス(640×480)にトリミングをしてみたところナンバーを確認するレベルなら十分実用的であった。もっと画素数が上がれば車両基地を俯瞰する場所から撮影して拡大すれば車両番号を簡単に確認することが出来、とても便利になると思う。メモリーカードの価格がどんどん下がっているので画素数が大きくなってきても苦にならなくなってきているので画素数アップとメモリーの価格低下で高画素撮影がどんどん進むだろう。鉄道の記録としてはカメラとしてストレスの無い動作範囲ならいくらでも高画素の方が良い。

撮影データ
NikonCoolPix8400
プログラム露出モード ISO100 露出補正なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 8日 (火)

都電荒川線で見つけた楽しい看板2

050308_T7500_2050308_T7500_1荒川一中前でも面白い看板を見つけた。都電6000系がデザインされた「ジョイフル三ノ輪」という商店街の看板だ。1枚目は7500系が踏み切りを通り過ぎるところを看板との組み合わせを狙った。この看板をくぐると活気ある商店街が終点の三ノ輪まで続いており、品揃えを見ているだけでも楽しい。

撮影データ
オリンパス カメディア C-8080
プログラム露出モード ISO100 露出補正無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 7日 (月)

都電荒川線で見つけた楽しい看板1

050307_T7500   都営荒川線の荒川二丁目駅脇の掲示板は8500系?が描かれている。気が利いた看板で目を引く。7500系と並び風?に撮影。

撮影データ
オリンパス カメディアC-8080
プログラム露出モード ISO100 露出補正なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 6日 (日)

京成3500系ライブラリー4(3572他4連)

050306_K3572 更新前京成3500系(3572他4連)を青砥駅で捉えた。
金町線の運用は4連限定なので3500系、3300系、3200系のいずれかが来るが後者2系列が廃車が発生しているため3500系の確率が高い。
車令30年近くを活躍した年輪を正面の凹凸の質感で感じられる1枚。

ライブラリーは
3565-3568(2005年2月12日分)
3561-3564(2005年2月23日分)
3569-3572(2005年2月25日分:先頭3569、本日分:先頭3572)
の3編成は変わらず。

撮影データ
オリンパス カメディアC-8080
プログラム露出モード ISO100 露出補正無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 5日 (土)

残雪を行く北総7000系

050305_Ho7000昨日降った雪との組み合わせを撮りたくなり列車を待つ。北総鉄道は京成、都営浅草線、京急線の4線乗り入れなので4社のどの車両が来るのか調べないと分からない。撮影するときに運用を調べなかったので「できれば都営5300系以外がいいな」とか思っていたら北総7000系が来た。
Caplio R1Vのテレ側100mm相当にセット。少し流すつもりだったけどLCDの表示が1/250だったのでそのまま撮影。その結果は先頭がややブレでしまったので読みが甘かったこと、それに加えて空の配分をもう半分ぐらい少ない構図にすればよかったと反省の1枚。

撮影データ
北総鉄道 新鎌ヶ谷-西白井間
RICOH Caplio R1V
プログラム露出モード ISO100 露出補正 +0.3EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 4日 (金)

京急新1000系青バージョン

05030310503032青砥の折り返し線に羽田空港第二ターミナルPRの青い新1000系が止まっていた。濃い赤(エンジ?)色が基本の京急車両の中で極めて目立つが都営浅草線、京成線でもステンレス車や白・グレーがベースの車両が多いので両線でも目を引く存在だ。1枚目は青砥駅独特の上下線が2階建てになっている配線構造が分かるように、2枚目は新1000系の横に描かれている飛行機をブラしながらスピード感を狙った。
この画像を撮ったオリンパスのC8080はデジタル一眼並に大きなカメラで”撮るぞ”と覚悟を決めないとなかなか持って歩けない。このカメラ、E300標準ズーム付きとほぼ同じ価格(2005.3現在)で販売されているが28-140mm(相当)F2.4-3.5の明るいレンズがついているのでレンズ交換にこだわらなければカメラを購入する上での選択肢の一つではないかと思う。

撮影データ
京成電鉄 青砥駅
オリンパス カメディア C-8080
プログラム露出モード ISO AUTO 露出補正なし

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月 3日 (木)

日暮里-三河島間の踏み切り

050303_tabata 常磐線の日暮里と三河島間にある踏み切りの「とまれ」を書くべき表示がなぜか「とま” ”」になっていた。”れ”が抜けているが経時変化によるものだとするとなかなかスゴイ自然の技だと思う。
「とま” ”」の表示をそのまま撮るのも面白いがE231の下回りがスカスカになっているところをブラして組み合わせてみた。ちなみに103系だと下回りがぎっしりなので露出オーバー目にしないと全体がアンダーぎみの画像になる。

撮影データ
RICOH CaplioGX
絞り優先AE 開放 ISO100 露出補正無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 2日 (水)

EF65Pとブルトレ「さくら」

050302_Tokyo 私にとって東海道のブルトレ初ショットは東京駅の下り「さくら」だった。東京駅には機回し線(11番線)があり、入れ替え作業も見ていて楽しいシーンのひとつだった。当時、Nゲージの模型が欲しくて欲しくてたまらなかったとき積水金属(現KATO)のEF65P+20系客車がフルセットで模型屋に飾られてあるとクギ付けになってたことを思い出した。

機回しで思い出したが先日、名古屋から「しらさぎ」に乗って米原で増結作業を見ようとして外に出たら数十人規模でビジネスマンの人たちが増結作業をボーっと眺めていたのがとても印象的だった。「昔鉄道好きだった人、手を挙げて!」と声を出したくなるようなほほえましい光景だった。もちろん私のその中の一人。

撮影データ
昭和48年ごろ 東京駅12番線にて
OLYMPUS 35DC
プログラム露出モード ネオパンSS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 1日 (火)

元営団3000系長野電鉄須坂にて

050301_nagaden 東京メトロ日比谷線の話を続けていたら元営団3000系のことを思い出した。現役で3000系が働いている中の一つに長野電鉄がある。ここでは3500/3600系と改番されており特急運用を除けば全ての旅客運用を任されているようだ。画像は元3000系が長野電鉄の主力であることを狙って須坂駅の跨線橋から撮影。ステンレスの車体と線路の輝きを強調するためにややアンダー気味の露出にした。側線右端にある青のビニールシートを被った車両が”トワイライトゾーン”的には気になるところ。

雑誌「東京人」2005年3月号は”鉄道を見る!”は思わず購入してしまった。跨線橋の特集が組んであり、街歩きと鉄道を上手く結びつけた特集でとてもよい企画だ。

撮影データ
2004年12月撮影
RICOH Capio GX
プログラム露出モード ISO100 露出補正 -0.7EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »