« 元営団3000系長野電鉄須坂にて | トップページ | 日暮里-三河島間の踏み切り »

2005年3月 2日 (水)

EF65Pとブルトレ「さくら」

050302_Tokyo 私にとって東海道のブルトレ初ショットは東京駅の下り「さくら」だった。東京駅には機回し線(11番線)があり、入れ替え作業も見ていて楽しいシーンのひとつだった。当時、Nゲージの模型が欲しくて欲しくてたまらなかったとき積水金属(現KATO)のEF65P+20系客車がフルセットで模型屋に飾られてあるとクギ付けになってたことを思い出した。

機回しで思い出したが先日、名古屋から「しらさぎ」に乗って米原で増結作業を見ようとして外に出たら数十人規模でビジネスマンの人たちが増結作業をボーっと眺めていたのがとても印象的だった。「昔鉄道好きだった人、手を挙げて!」と声を出したくなるようなほほえましい光景だった。もちろん私のその中の一人。

撮影データ
昭和48年ごろ 東京駅12番線にて
OLYMPUS 35DC
プログラム露出モード ネオパンSS

|

« 元営団3000系長野電鉄須坂にて | トップページ | 日暮里-三河島間の踏み切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128114/5365468

この記事へのトラックバック一覧です: EF65Pとブルトレ「さくら」:

« 元営団3000系長野電鉄須坂にて | トップページ | 日暮里-三河島間の踏み切り »