トップページ | 2005年2月 »

2005年1月26日 (水)

EF65 1103

R0015094 EF65 1103は新製配置は旧東京機関区でP型の後継機としてブルトレの先頭に立っていたが今ではEF66にその座を譲ってしまった。20数年前に旧型電機(EF15,EF13等)を駆逐したようにPFも後継機により駆逐されていくのだろう。

撮影データ

東北本線 川口駅 
RICOH CaplioGX プログラム露出モード ISO100

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年1月21日 (金)

京急800系(824-1)

img_2391京急の800系は都営浅草線に乗り入れしない京急線内でしか見られない車両の一つで700系とともに4扉車だ。京急は4連から12連まで、2扉から4扉まで車両や編成のバリエーションが多くて趣味的には楽しいけど乗るほうの立場とするとどこに止まるのか理解するまで大変な私鉄だ。

この撮影に使ったS70は京急の赤が綺麗に出るところが気に入っている。

撮影データ

京浜急行 立会川駅 
CanonPowerShotS70 プログラム露出モード F2.8 1/100 ISOAUTO
ホワイトバランス AUTO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月16日 (日)

つばめ

050116_0501161_2年前の1月16日は鹿児島運転区脇でつばめ用787系を撮影していた。今はリレーつばめ号として働いているので当然鹿児島には来ない。今となっては貴重な写真だ。
もう一枚は新八代駅の「つばめ」と「リレーつばめ」が同じホームに入っている様子がわかるもの。今は日常の風景だが何年か後には貴重な写真になる。鉄道写真は古くなればどんどん価値が上がるのはデジタル画像になっても変わらない。

撮影データ

左画像
画面内左は787系、右は指宿枕崎線の運用に入っているキハ40 新八代駅 
RICOH Caplio300G プログラム露出モード F3.1 1/270 ISOAUTO
ホワイトバランス AUTO

右画像
新幹線800系と在来線787系 新八代駅 
RICOH CaplioGX プログラム露出モード F2.5 1/180 ISO100
ホワイトバランス AUTO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月15日 (土)

南武線

050114_205050113_ed168 南武線はALL205系かと思ったら209系もあるのですね。南武線でもっとも有名な車両はやはりED16。西国立にはここ何年か通ってないのでわかりませんが立川機関区(跡かな)はどうなっているか気になります。

撮影データ

左画像
ED168 府中本町駅付近 アナログカメラで撮影

右画像
JR205系 武蔵小杉駅 
RICOH CaplioGX プログラム露出モード F4.3 1/150 ISO100
ホワイトバランス AUTO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月14日 (金)

小田急8063

050113_8063  小田急の喜多見駅小田原寄りは富士山が見える。富士山と小田急の組み合わせを撮ろうとしたけどなかなかよいアングルがない。10連がまるまる入って富士山と順光で撮影できる場所はあるのだろうか。また行く機会があったときにはまずは反対側ホームから撮影してみようと思った。

撮影データ

小田急8063×10連 小田急電鉄 喜多見駅 
RICOH CaplioGX プログラム露出モード F6.2 1/470 ISO100
ホワイトバランス AUTO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月13日 (木)

京成3000系(新3013と旧3070)

050112_33070050112_3013 京成新3000系は段々勢力を増し、その分非ステンレス車の3200系、3300系が淘汰されてきているとこうことですね。ということで今日は新旧3000系の画像です。趣味的には旧3000系が好きですが乗っている分には当然新の方がイイです。
今日のカメラはCaplioGX。レリーズタイムラグが短いので安心して車両を流し撮りで決められます。

撮影データ

<左画像>
京成3013×6連 京成電鉄 高砂駅 
RICOH CaplioGX マニュアル露出モード 開放 1/15 ISO100
ホワイトバランス AUTO

<右画像>
旧3070他4連 京成上野駅にて1994年 アナログカメラで撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月12日 (水)

京成3500系ライブラリー1(3565と更新前3524)

050112_3524_1994050112_3565京成3500系も段々更新車が増えてきてオリジナルスタイルはその内無くなるのでしょうか。以前は撮影することもあまりやらなかったのですがデジタルカメラのお陰で”撮っている分にはただ”というメリットを活かして最近は撮るようにしてます。今日はその更新前車の3565他4連を番号がわかるように流し撮りで撮影してみました。オリジナルスタイルといっても帯の色は登場時と若干異なっていることがもう一枚の写真でわかります。

【追加情報】
京成電鉄HP2005.2.17付ニュースリリースによると3565-3568の4連は2005.2.15付けで廃車になったそうです。この画像は廃車直前の貴重な画像ということになります。

撮影データ

<左画像>
京成3565×4連 京成電鉄 高砂駅 
某海外メーカーD社 400万画素単焦点カメラ
開放 1/7 ISO100
ホワイトバランス AUTO
露出補正 なし

<右画像>
3524他8連 青砥駅にて1994年5月2日 アナログカメラで撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月11日 (火)

京急1500系をBricaで撮る

050111_1500

bricaa501_2bricaa501_1

北総鉄道には京急の車両が一日数本乗り入れています。最近は新1000系、1500系、600系をよく見ますが旧1000系は8連が減っているので乗り入れているかどうかはちょっとわかりません。

昨日に引き続きBricaA501を京急カラーがどれくらい再現するかテストしてみました。結果はちょっと赤味の強調された感じに上がっていました。もう少しがんばって欲しいですね。
BricaA501外観をCanonIXY-Lと比較して載せました。LCDが大きく全体は結構小さいところが魅力です。

撮影データ
北総鉄道 西白井駅付近 1059H 京急1500系

Brica A501
Program AUTO
ホワイトバランス AUTO
露出補正 なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月10日 (月)

北総7000系をBricaで撮る

050110_7000 
北総開発鉄道時代に新車で投入された7000系は今でも北総鉄道を代表する車両です。確か3編成あって当初は6連だったのが現在は8連になってます。

Brica A501というCanon IXY L2よりちょっとだけ大きめな500万画素単焦点のカメラを台湾の友人から借りられたので早速使ってみました。パッと見た感じの解像感はとてもよいです。意地悪テスト的に拡大してみるとややエッジ強調が強いですが普通にスナップ用のカメラとしてはこれくらいがイイ感じです。

撮影データ
北総鉄道 小室-千葉ニュータウン中央 1328N 7000系

Brica A501
Program AUTO
ホワイトバランス AUTO
露出補正 なし

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月 9日 (日)

山陽鉄道

050109_700 エキスパートについている「鉄道日めくりカレンダー2005」によると今日がJR西日本山陽本線の前身「山陽鉄道」が設立された日だそうです。
ということで山陽本線ネタとして新神戸駅に進入する700系を流し撮り。1/30ぐらいのシャッタースピードで適度に流れてライトが上手く止まっているのは意図どおりで会心の1枚です。
流し撮りは一眼よりコンパクトデジカメの方が撮り易いですし、加えてRICOH Caplio GX はタイムラグが短いので思ったところで写せるところが美点です。

撮影データ

RICOH Caplio GX
開放 1/23 ISO200
ホワイトバランス AUTO
露出補正-1.0EV 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 8日 (土)

梅小路といえば

050108_C622  梅小路といえば鉄道ファンなら誰でも知っている梅小路蒸気機関車館のこと。保存車両で一番お気に入りはデフにスワローエンジェルのついたあの機関車。函館本線を最後に引退したC622です。

カメラは初めて買ったデジタル一眼レフ「Canon EOS D30」。既に手元にはなく起動が遅くて咄嗟の撮影には向かなかったけど画質は今でも通用するよいカメラでした。

撮影データ

Canon EOS D30
Canon EF 28-135mmIS
F16 1/15 ISO100
ホワイトバランス AUTO
露出補正 -1.0 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年2月 »